電道(E-vangelism)

技術的な秘訣

投稿者: Administrator on . Posted in 電道 E-vangelism

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

1.1 怖気づかなくても大丈夫。思うほど難しくはない

このマニュアルは技術的なものではないので、ウェブページのコードやプログラムについては触れてはきませんでした。このことについては既にたくさん出回って いる本、雑誌、ウェブページ等を参考にしてください。シンプルなウェブページ作成に難しい技術は要らないのです。ですから、HTML言語などに出鼻をくじ かれる必要はないのです。あなたは、車のデザインからはじめて、その車が走るようになるまでの工程を任されているわけではありません。あなたの周りの手助 けを求めてください。最近では、HTML言語を知らなくてもテンプレートを使ってウェブページ作成ができるプログラムもあります。オンライン上でウェブ ページ作成のテンプレートを提供し、出来上がったものをそのままそのサーバーに載せてくれるものも出てきています。

 

1.2 デザインのコツ

ブラウザ

同 じページでもブラウザによって違って見えることがあります。ですから、異なるブラウザにインストールし、表示画面を比べて見てください。(ハードドライブ が2つ無い限り、Internet Explorerの6と7を同じコンピューターにインストールできません。 Firefoxの違うバージョンを違うディレクトリにインストールすることは可能です。)また、それ以外にも、テレビを通してインターネットに接続する WebTVもあります。

ウェ ブページ作成で頭を悩ませることは、そのウェブページをどのブラウザにおいても、滞りなく機能させることです。インターネット利用者の全てが最新のブラウ ザを使用しているわけではないのです。特に、教育機関での生徒向けのコンピュータなどでは、常に最新版と入れ替えるようなことはしない場合がほとんどで す。ですから、古いバージョンのブラウザでも、機能するようなウェブページを作成してください。また、同じブラウザでも、Windowsと Macintoshでは同じように表示されない場合もあります。

参考(日本語)

NonPC系のブラウザ上でのコンテンツ作成のコツ

参考ウェブページ(英語)

Bobby どのブラウザとの相性が悪いかなどを分析、各ブラウザでどのように見えるかは表示しない

エラー容認とスピード

数 あるブラウザの中で、HTMLのシンタックス・エラー(文章構成上の間違い)について厳しいのもあれば、そうでないものもあります。友人達にあなたのウェ ブページを(各種ブラウザ、プラットホームで)チェックしてもらってください。また、どのくらいアクセスに時間がかかったか聞くのも大切です。あなたが、 自分の使用しているISP上で、あなたのウェブページにアクセスするのはすぐですが、もしかしたらあなたの読者は地球の裏側からアクセスしてくるかもしれ ないのです。ですから、フレームを使用したり、画像をふんだんに入れたりしてしまうと恐ろしくダウンロードに時間がかかってしまうのです。ウェブページは できるだけ読みやすく(読みやすいフォントを使用)シンプルなものにしてください。

"GIF"や"JPEG"などのグラフィックス・ファイルは収縮をかけて、ダウンロード時のスピードアップを図りましょう。Paintshop Proなどのグラフィックス・ソフトを用いて操作すると良いでしょう。

参考ウェブページ(英語)

The Need for Speed ロード時間をいかに短縮するか

All Things Web's guide グラフィックスの収縮

画面サイズ

読者の画面サイズを考慮にいれることも重要です。25%の人たちは14インチのモニタを使用しているため、彼らはウェブページを見る際には、スクロールバーで横にも移動しなくてはならないのです。

その他

また、色盲の読者のために、赤字で緑の背景の上には書く(またはその逆)ことは避けてください。

参考(日本語)

視覚障害者のインターネット利用の現状、ページデザインのポイント等

 

参考ウェブページ(英語)

Alertbox Article 障害者にも見やすいウェブページのデザイン(身体、色盲、聾唖、認識などの障害)

良くないウェブページの見本から学ぶ

WebReference's ウェブページデザイン指導関連のリンク集

Top Ten Mistakes in Web Design よくあるウェブ作成者の間違い、失敗を分析

The Top Ten New Mistakes of Web Design よくあるウェブ作成者の間違い、失敗を分析

Seven Debilitating Diseases of (Business) Websites ウェブ・マーケティング――流行、リンク、記事他

Yale Web Style Guide ウェブページ作成哲学、構成デザイン、ページデザイン、グラフィック、マルチメディア、アニメーション, 他

フレーム

フ レーム(スクロールできるウィンドウをウェブページ内に表示)をウェブページのデザインの中に取り入れているウェブページをよく見かけます。これには、長 所と短所が両方あります。ひとつの大きな問題は、検索エンジンがフレームの中に書かれたものを処理しないので、不利になります。(英語ですが、SearchEngineWatch のフレームについて書かれたものを参照してください)

け れども、フレームの中にある各ページを登録するのは不可能なことではありません。もし、それによって誰かが検索結果のゆえにアクセスしてきた場合、その ページはフレームの中ではなく、一画面として表示されます。Javascriptを付加して、フレーム内のページがほとんどのブラウザで普通に画面表示さ れる設定にすることもできます。以下のJavascriptをフレームページの位置するindex.htmlの冒頭に加えてください。

 

良くある質問と答え

  • 一般に教会とは建物を指していることが多いようです。「教会に行ったことがある」「教会で結婚式を挙げる」と言う時、教会の建物を指して言っているようで す。 中世の教会では神の威光を表現するために、より高い教会堂、より大きな教会堂を建設しました。この長い歴史の中で、教会イコール教会堂(建物)というよう に変わっていったのです。元々、初期教会が存在した頃、教会堂のようなものはありませんでした。 クリスチャンは個人の家で集まっていたのです。 長い歴史の中で、本来の教会の性質も変わっていきました。 キリスト教の中には様々な宗派があり、各々の宗派がそれぞれの伝統を持っています。 そして、それぞれの教会が各々の伝統に基づいて違ったことを教えています。このような事は神が計画したことではありません。 教会はある宗教的なリーダーによって築かれた、という印象を持っている方もいると思いますが、本当の教会の姿は違います。 イエスは次の様に言われました。

    16:18 ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。16:19 わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天に おいても解かれています。 (マタイの福音書16:18-19)

    聖書が教えている教会とは、イエスが建てたものです。教会の起源は神 自身にあるのです。宗教的なリーダーが建てたものでも、ある特定の人間が建てたものではありません。では教会がどのように始まり、いったいどんなものなの かを共に考えてみ見ましょう。イエスが十字架に架けられ死んで3ヶ日後に復活され、その時にイエスは弟子たちに言いました。

    24:45 そこで、イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて、24:46 こう言われた。「次のように書いてあります。キリストは苦しみを受け、三日目に死人の中からよみがえり 24:47 その名によって、罪の赦しを得させる悔い改めが、エルサレムから始まってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる。24:48 あなたがたは、これらのことの証人です。24:49 さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさ い。(ルカの福音書24:45-49)
  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • キリスト教は二千年の歴史の中で、いくつかの流れに枝分かれしてきました。それを「教派」と言います。プロテスタントは、16世紀の「宗教改革」におい て、当時のローマ・カトリック教会から分かれた流れです。プロテスタントの中にもさらにいろいろな教派があります。教派の違いは、礼拝の仕方、教会の運営 の仕方、信仰における強調点の違いですが、キリスト教会の信仰の根本的規範は聖書であり、それに基づく信仰を言い表した古代の「信条」です。そこにおいて は基本的に一致しているので、このごろは、カトリックとプロテスタントが共同で訳した「新共同訳聖書」が生まれるなど、協力関係も進みつつあります。
  • 聖餐は洗礼を受けたクリスチャンが、イエス・キリストが私たちの救いのために肉を裂き、血を流して死んで下さったことを記念し、その体と血とをあらわすパ ンと杯にあずかる儀式です。礼拝の中でそれが行われます。礼拝において、説教を聴き、聖餐にあずかることによって、今も生きて共にいて下さるイエス・キリ ストと共に生きるのがクリスチャンの生活です。