読者を呼び戻すには

投稿者: Administrator on .

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

2. 読者を呼び戻すには

たびたびに最新版に入れ替えると告知をし、いつでも役に立つ情報を提供することを呼びかけ、読者をまたあなたのウェブページにアクセスすることを励まします。

・ニュースレター、リスト

ニュースレター

もし、あなたのウェブページが大きなものならば、Emailでニュースレター(簡潔な最新のウェブページのお知らせ、そのウェブページに関連した記事他)を 出すことをお薦めします。ニュースレターに一般大衆向けの情報を載せた方が効果的です。1ヶ月に一度くらいの割合で出すのが丁度良いでしょう。受信を好ま ない人の為に、受け取りを止める方法の指示も明記してください。Emailアドレスのリストは念のためバックアップ保存をしておきましょう。

参考ウェブページ(英語)

How to Develop an Email Newsletter (ニュースレターを出すまでのいきさつ)

Email プログラムを使用して、ニュースレターを送信する代わりに、Emailニュースレター・プロバイダーやTwo-Wayリストを使うと、定期購読の有無によ り、送り先の削除まであなたの代わりにしてくれます。文書保存、エラーで戻ってきてしまったEmailの処理などの機能を持ち合わせているかもチェックし てください。

参考(日本語)

日本語版eGroups

メーリングリスト開設ガイド

・OfficeLive (有料・無料ニュースレター)

参考(英語)

Christian Community/eGroups (無料リスト)

Topica (Emailリスト)

ニュー スレターを作成するだけでも容易なことではありません。初めの頃は毎週、毎月だそうと意気込みますが、回数が多くなるほど、減っていき、しまいにはやめて しまうウェブページ作成者も少なくありません。また、Hotmailなどの無料Emailアカウントには、Emailプログラムでは送信できない場合もあ ります。

参考ウェブページ(英語)

Web Marketing (リストについての記事) 

リスト

あなたが好きな事柄についてのTwo-Wayリスト、フォーラム、ニュースグループを始めることもできます。リストのディレクトリに登録してください。クリ スチャンと未信者との交わりの場をリスト上で提供し、クリスチャンが証できるようなものにしたいのなら、クリスチャンにもあなたのリストを知らせてくださ い。クリスチャンに個人的にあなたの戦略とガイドラインを明記したEmailを送ると良いでしょう。クリスチャンと未信者とのために鬱についてのリストを 作成したJudy Strubkは "本当に、驚きと謙遜の気持ちでいっぱいです。クリスチャンではなかった人がキリスト教について質問をするようになったのをきっかけで文通をしはじめまし た。聖霊の働きにより、罪の自覚や力を貸す働きが促されています。" と語っています。

・掲示板(フォーラム)、チャットなど

掲示板/フォーラム(公開討論会)

あなたのウェブページが一般大衆向けの情報に基づくものでしたら、読者に定期的にアクセスするように、掲示板(読者の交わりの場)やフォーラム(公開討論 会)の場を設けることをお薦めします。掲示板やフォーラムはある事柄の(世俗的な面について)意見交換にすると、人を引き込み、また前回アクセスしてきた 人がまた訪れるでしょう。また、公開討論会の場を伝道的な弁証論を提供することもできます。

ソフトウェア

参考(日本語)

掲示板プログラム集

参考ウェブページ(英語)

Pushpin (有料掲示板プログラム)

既製フォーラム

参考(英語)

Bravenet (フォーラムのリスト。メンバーになると、フォーラムをカスタマイズできる)

Exboard(無料掲示板作成。カスタマイズ可。)

ゲストブックを掲示板として使用

参考(英語)

Dreambook(有料)

Matt's Script Archive(ゲストブックを既製のスクリプトを用いてつける)

チャット

ウェブページに追加できる既製のチャットを無料で提供する業者が増えてきました。チャットは、ある程度の人数のアクセスがなければ成り立ちませんので、まずはある程度のアクセスを獲得する必要があるでしょう。

ブックマーク

人は何か思い出させるような事や物がない限り、忘れてしまうものです。ですから、あなたのウェブページにブックマークを付けるように呼びかけてください。

参考ウェブページ(英語)

読者にあなたのウェブページにブックマークをつけさせるには

その他

参考(日本語)

フォームから送信された内容をメール送信するサービス

Mailtoプログラム(読者のEmailシステムを立ち上げる)かEmail雛型プログラム(Bignosebird など)を付けて、読者にあなたのウェブページを友達に宣伝してもらうと良いでしょう。私達の経験によると、ウェブページに直接、友達への宣伝用のEmail雛型を付けたときのほうが効果的です。あなたのウェブ ページを宣伝する時は、各個人にEmailを送ってください。(大勢にまとめてEmailを送るのは避けてください)

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 弟子たちは、イエスの教えと復活の事実を伝える証人として任命されました。 「都で留まっていなさい」とありますが、この都とはエルサレムを指しています。 イエスのこの命令どおりに弟子たちはエルサレムに留まり、神からの賜物である力を待っていました。

    1:3 イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示され た。1:4 彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。1:5 ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」1:6 そこで、彼らは、いっしょに集まったとき、イエスにこう尋ねた。「主よ。今こそ、イスラエルのために国を再興してくださるのですか。」1:7 イエスは言われた。「いつとか、どんなときとかいうことは、あなたがたは知らなくてもよいのです。それは、父がご自分の権威をもってお定めになっていま す。1:8 しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの 証人となります。(使徒行伝1:3-8)

    弟子たちはイエスの命令に従い、エルサレムで待っていました。この時、イエスが言われたように、 弟子たちは聖霊で満たされたのです。そして、弟子の一人、ペテロがエルサレムに集まっていたユダヤ人たちの前で、イエスの死と復活について語り始めます。 ここで書かれている記録が、教会の初めであり、始まりだったのです。 

    2:22 イスラエルの人たち。このことばを聞いてください。神はナザレ人イエスによって、あなたがたの間で力あるわざと、不思議なわざと、あかしの奇蹟を行なわれ ました。それらのことによって、神はあなたがたに、この方のあかしをされたのです。これは、あなたがた自身がご承知のことです。

    2:23 あなたがたは、神の定めた計画と神の予知とによって引き渡されたこの方を、不法な者の手によって十字架につけて殺しました。

    2:24 しかし神は、この方を死の苦しみから解き放って、よみがえらせました。この方が死につながれていることなど、ありえないからです。……。

    2:32 神はこのイエスをよみがえらせました。私たちはみな、そのことの証人です。

    2:33 ですから、神の右に上げられたイエスが、御父から約束された聖霊を受けて、今あなたがたが見聞きしているこの聖霊をお注ぎになったのです。……。 

    2: 36 ですから、イスラエルのすべての人々は、このことをはっきりと知らなければなりません。すなわち、神が、今や主ともキリストともされたこのイエスを、あなたがたは十字架につけたのです。」 

    2:37 人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、「兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか。」と言った。   

    2:38 そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。 そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。 

    2:39 なぜなら、この約束は、あなたがたと、その子どもたちならびにすべての遠くにいる人々、すなわち、私たちの神である主がお召しになる人々に与えられているからです。」

    2:40 ペテロは、このほかにも多くのことばをもって、あかしをし、「この曲がった時代から救われなさい。」と言って彼らに勧めた。

    2:41 そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日三千人ほどが弟子に加人々えられた。

    2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた。

    (使徒行伝2:22-42)
  • 毎週日曜日に教会で行われている礼拝は、神様を拝む集いです。ゴスペルハウスでは、ゴスペル・ワーシップというジャンルの音楽をピアノやギターなどと共に 歌います。また、聖書が朗読され、その箇所が告げている神様からのメッセージを伝える説教が語られ、祈りがなされる、ということを通して、生きて働いてお られる神様との出会いの時を持つのです。最初は、説教という講演を中心とする講演会のような印象を持つかもしれませんが、出席しているうちに、講演会では ない、神様を拝む礼拝の意味が分かってくると思います。
  • キリスト教は二千年の歴史の中で、いくつかの流れに枝分かれしてきました。それを「教派」と言います。プロテスタントは、16世紀の「宗教改革」におい て、当時のローマ・カトリック教会から分かれた流れです。プロテスタントの中にもさらにいろいろな教派があります。教派の違いは、礼拝の仕方、教会の運営 の仕方、信仰における強調点の違いですが、キリスト教会の信仰の根本的規範は聖書であり、それに基づく信仰を言い表した古代の「信条」です。そこにおいて は基本的に一致しているので、このごろは、カトリックとプロテスタントが共同で訳した「新共同訳聖書」が生まれるなど、協力関係も進みつつあります。
  • 子育てQ. 自信がなく、自尊心が低い子どもたちや若者たちがこれ程までに増えてきたのはなぜなのでしょうか。

    A. ひとつには、私たちの社会が持っている、人間の価値をはかる尺度が狂っているからです。全ての人が価値ある存在とはみなされません。全ての人がありのま まに受け入れられていません。生まれながらにして誰からも認められるような資質を持った人にしか賞賛は届きません。

    この悪循環を私たち親はなんとかすべきです。私たちの文化で最も高く評価されているのは美しさです。たまたま美しく生まれついた人は誉れと尊敬を受けます。
    そうでない人は他に落度はないのにさげすまれ、拒まれます。乳幼児でさえこの価値基準にさらされます。美しい子はより可愛がられるのです。

    そ れで、第一子を産んだ後に母親がふさぎ込むのは珍しくはありません。赤ちゃんは一般的には不器量なものとわかってはいても、自分の子どもは例外だと親は思 います。どんな母親も、まぶしい笑顔、かわいいまばたき、前歯が4本そろって、血色がよい、広告に出てくるような子どもを産みたいと内心は思っているので す。
    ところが、わが子は期待はずれで、歯も髪の毛もなく、しわくちゃで泣き叫ぶだけです。成長するにつれ、親のみならず他人からも子どもは人としての価値をはかられるようになります。

    赤ちゃんコンテストの優勝者には賞金や賞品が当り前のように与えられます。魅力的な子どもは、何もなくてもすでに有利であるのに、なんという不公平な世の中でしょう。
    ジョージ・オーウェルの皮肉が思い浮かびます。「人はみな平等であるが、ある人たちはより平等なのだ」この言葉の真実性が私たちの子どもたちの人生において証明されているのは実に悲しいことです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから