テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 9

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロの戦略はどのように効果を発揮したのでしょう?

彼の平信徒伝道者たちの多くは、好ましくない、教育を受けていない、不信心な背景からの人々でした。誰も人類学や、宣教学の訓練を受けたこともありませんで した。ほとんどが奴隷でした。しかし彼らは大きな個人的な危険を冒して福音を信じ、また給料無しにその福音を命を懸けて他の人々に伝える人々でした。

10年の間に、(3回の伝道旅行は10年を要しました。)パウロとその仲間は(経済的支援無しに)6つのローマの州を伝道しました!

彼らは無学の、無給の、そのほとんどが奴隷であったような人々を勝ち取り、彼らを動員することによってそれを成し遂げたのです。

パウロはローマのクリスチャンに彼の過去20年にわたる宣教の働きについてこう述べています。「エルサレムからイルリコ(今のアルバニア)にいたるまで、キ リストの福音をくまなく伝えました。…もうこの地方には働くべき所がなくなりました。」(ローマ15:19-24)彼は帝国のギリシャ語を話す半分の人々 への伝道を終え、ラテン語を話す、ローマとスペインを含んだもう半分の人々の方へ向かっていたのです。

しかしどうして彼は、一度も主要都市の 外では働いたことがない様にみえたのに、地中海のギリシャ語を話す半分の地方への働きを終えたといい得たのでしょうか。同じ手紙の中でパウロは、自分はユ ダヤ人にも異邦人にも、ギリシャ人にも未開人にも負債を負っていると書いています。(ローマ1:14-16)未開人は、ほとんどの人が第一言語としてギリ シャ語を話さず、田舎や部族の住む村村に住んでいる人たちでした。パウロは彼らのことは気にかけていなかったのでしょうか。

ローマ帝国はつながった都市の連携と、 軍隊による植民地の集まりにすぎず、それぞれの地方は独特の文化、独特の法律をもっており、それらはローマの権力者によって管理されているのが通常でし た。ローマの皇帝も、以前のギリシャ人の中でも、誰一人それらの部族の人々を統合しようとか、教育しようとはしませんでした。都市においても、たくさんの 言語が話されていました。パウロは、リカオニア語を話す人々によって、ルステラ大変な騒動に巻き込まれました。(使徒14章)

パウロの戦略は、このチャレンジを満た しました。多国後を話す、低階級の改宗者達が無給の伝道者になることによって、パウロは奥地への伝道を保証したのです。ミカエル・グリーンは改宗者達がど のように彼らの生まれ故郷に福音を伝えに行ったかを述べています。新しい改宗者は、同じ服装、同じ言語と分化を持って、外国の宗教としてではなく福音を自 国へ持ちかえりました。また村の人々が都会へ訪れることもありました。

ピリピでの数ヶ月の後、パウロはマケドニアの教会について、複数形で語っています。テサロニケへの彼の最初のフォローアップの手紙に、彼はこの福音はすべての地域から彼らに伝えられたと書いています。コリント人が、アカヤ地方で福音を伝えたのです。

パウロはエペソに3年間滞在しました。しかしルカは2年間の間に「アジアに住むものはみな聞いた」(使徒19:10)と書いています。これはローマのアジア 地方の全州、すなわち、ローマ帝国の経済的な中心地を意味しました。なぜならアジアの大きな貿易ルートはこの都市を中継していたからです!

ルカは大げさに言ったのでしょうか。暴動を起こし銀細工人のデメトリウスが、偶然にもルカの証言を確認しています!彼は言いました。「エペソだけでなく、ほ とんどアジア全体にわたって、あのパウロは大勢の人を説き伏せ、惑わせているのです…」銀細工の産業は商売にならなくなり、アルテミス神殿の礼拝は消滅の 危機にさらされるほど多くの人です!(使徒19:24-26)2年間でです!

パウロの戦略は土着の、そして指数関数的な(ねずみ算的な)成長をもたらしました!改宗者は急激に増えました。反対的な文化での開拓においては、そのスピー ドが重要でした。パウロの改宗者達はあまりにも急速に福音を伝えたので、反対が起こったときには、その火を消すにはもう遅すぎる段階になっていたのです! こんにち、私達はノンクリスチャンの宗教指導者達に福音に対する反対運動を何度も起こすのを赦しています。

ドナルド・マクガブラン博士は、教会成長には、大きな無給の伝道者達の力が必要であると述べています。しかし、もし私達の提供するモデルが献金に支えられた 伝道者の姿だけであるなら、どのようにしてその人々が生み出されるでしょうか。西側からきた宣教師たちは裕福であると考えられています。パウロの改宗者達 は彼にこう言うことは決して出来ませんでした。「あなたは給料をもらっているし、その時間があるから伝道できるんでしょう。あなたはこの国にあって家族を 養うために長い時間働くということがどういうことか分かっていないんです。」

もしテントメーカーが高い給料をもらっていたとしても、同じ問題は起こりません。なぜなら彼は彼のクリスチャンのミニストリーに対して給料をもらっていない からです。彼はその給料によって、必要のあるところに気前良く与えることが出きるでしょう。私達は、普通の宣教師の家族を含んだような、自給する宣教チー ムを送ることによって、今まで世界中に送り出してきた西洋的な宣教師のパターンを緩和することが出来ます。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q. 家内安全や商売繁盛を願う宗教はご利益宗教なのであって、キリスト教はそういうものとは違う、と聞いたことがあります。それでは、自分の幸せを願うことはいけないことなのでしょうか。(四十代、主婦)

    A.  家庭を持ち、大切な子供を育てる責任を持つ親として、健康や経済的安定を願うことは、自然なことであり、当然とも言えます。おそらく、自分の幸せを願わない人などいないとすら言えます。キリスト教はこれらを否定するのでしょうか。

    ◇ キリスト教はご利益宗教?

    キリスト教は聖書のメッセージを土台としていますので、聖書が何といっているかが答えとなります。ところがその聖書は、一方では「自分の命を救おうと思う 者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう」(マタイ 十六・二十五)とあり、自己否定の道が示されております。しかし他方では「祈のとき、信じて求めるものは、みな与えられるであろう」(マタイ二十一・二十 二)ともあります。
    これらのみ言葉は矛盾するように見えますが、どちらも最終的には幸せが与えられるという点で、重なるところがあります。聖書 はある意味で本当の幸せがどこにあるかを伝える書物です。ある敬虔な牧師は、「キリスト教は、究極的には真の意味でのご利益宗教だ」と言いましたが、わた しも同感です。しかし、一般的に考えられているご利益宗教とは、多くの点で異なります。

    ◇ ご利益信仰と人格的信仰

    信 仰者の在り方という側面から比較してみましょう。いわゆるご利益宗教においては、世界の中心に自分がいます。自分にとっての利益を願い、良いと思えない 病、貧困、災害等を避けることを願います。ご利益があるならどの神でも構いません。しかし、聖書は自分を中心とした信仰の在り方そのものに疑問を投げか け、さらに警鐘を鳴らしています。ご利益信仰に潜むこの自己中心性そのものが、実は大きな不幸の第一歩なのです。
    それに対して聖書で伝えられて いる信仰の在り方はよく「人格的信仰」と呼ばれます。それは自分ではなく神を中心としていくことであり、神との人格的信頼関係を人生の軸としていくことな のです。病気や貧困などから守られることも祈ると同時に、そういった苦難を神からの訓練として、受けとめることを学びます。神中心とは自分の利益のために 神を利用するという生き方との決別をいみしています。

    ◇ 真の幸せはどこに?

    幸せを求めることは人間として自然なこと です。しかし、何が本当の幸せなのか、また人生から幸せを奪うものが何か知らないゆえ、多くの人は表面的には豊かになった社会のなかでもがいているので す。ヒルティーは「私は病気で幸福な人をたくさん見てきた。私は貧しくて幸福な人もたくさん見てきた。しかし心が罪で腐っていて幸福な人には会ったことが ない」と言いました。聖書は、罪こそ幸せを奪うものであると教えています。罪とは、神ではなく自分を中心として生きて行くその在り方(Being) を指し、罪の行ない (Doing) はその結果なのです。すなわち、罪を犯すから罪人なのではなく、罪人だから罪を犯すのです。ご利益信仰そのものの内に潜む罪こそ幸せを奪うものなのです。

    何が幸せなのかは人間には分かりません。これが私の幸せだと思ってつかんだとしてもその瞬間に空しく消えていきます。真の幸せは追い求めて掴むものではなく、神の前に罪を悔い改めへり下る時、神がそっと与えて下さるものなのです。


    OMSウエストロサンゼルスホーリネス教会のQ&Aから
  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A
  • 教会の礼拝は誰にでも開かれています。誰でも、どんな人でも出席してよいのです。ですから、悩みがある人、元気になりたい人はどうぞいらして下さい。そう でなくても、教会って何をしているのかな、聖書の教えってどんなことかな、と少しでも興味のある人はどうぞいらして下さい。礼拝に行ったらもうクリスチャ ンにならなければならない、などということはありません。教会は、ちょっとのぞいてみよう、という方も歓迎します。礼拝の秩序さえ重んじていただれば、ど のような思いで参加して下さってもよいのです。
  • Q テレビが引き起こす悪影響を考えたら、子どもが大きくなるまでいっそのことテレビなどなくしてしまったらよいとは思われませんか。

    A  あるご家庭では、おっしゃる通りのことを行いました。そのような勇気は立派と言う他ありません。

    しかし私は、テレビをつけても、それに支配されずにいることは可能と考えます。私の提案は、家族全体でテレビについて話し合ってみることです。
    何が悪いのか、どうしたら良いか、子どもたちがどうしたら番組の良し悪しを判別することを学べるかなどです。

    もう一つは、ご両親がお子さんたちと一緒にテレビを見ることです。見ていることを理解させようとするだけではなく、家族としての楽しい団らんの一つとしてです。

    正しいアプロ一チを用いれば、テレビは、教育やディスカッションの大変有益な道具となりえるのです。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A