テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 6

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

どれくらいの献金をパウロは受けていたのか?

第1コリントの9章で、彼は自分(とほかのクリスチャンの)献金を受ける権利を強く主張しています。彼は彼の改宗者からの献金(彼は拒否しました。)と自分の 稼ぎを対照させているようにみえます。しかし彼の権利の主張はすべての資金源からのサポートを含んでいます。

第2コリントの9:8,9には彼はコリントの人々に彼らに仕えるために「他の教会から奪い取った」と書いています。「奪い取る」というのは明らかに強調するた めの誇張表現です。たとえ「マケドニアからの兄弟」が莫大なお金を彼に渡したとしても、それは盗みにはならないでしょう。しかしピリピ人は、マケドニア人 の多くと同じように、貧しい人々でした。パウロはコリントの人々を恥じていたのです。

しかし第1コリントに加えて、もっとも重大な文はピリピ4:15,16にあります。何年かの後に、ピリピ人はネロの宮殿の牢獄にいた働くことのできないパウロ に、献金を送りました。パウロは彼らに感謝しました。そして以前の彼らのサポートを思い出して、こう言っているのです。私の働きのために、献金をしてくれ たのはあなたたちの教会だけだった、と!そして一回または二回を表わすあいまいな言葉で彼らは「一度ならず二度までも」送ったと書かれています。

ユダヤ教徒たちはパウロの教会から献金を受け取る権利を要求しています。彼らはパウロが彼の改宗者からまったく献金を受け取っていないことに戸惑い、彼をうそつきだと非難したのです。彼らはパウロが何らかの資金源から不正に献金を受けていたに違いないと主張しました。

第2コリント12:16-18で、パウロはこの非難を固く否定しています。そして彼はどんなところからも献金を受けていないと主張しているのです!開拓の段階 では、彼はただで人の家に入ることすらしませんでした。(第2テサロニケ3:6-16)彼は、形成された、古い教会の成熟したクリスチャンの友達からは食べ 物や短い滞在のための宿を受けていました。(ピレモン22節)(旅行者は一晩か二晩以上の滞在にはお金を払う習慣がありました。)

書かれているところによると、パウロとそのチームはその3回すべての伝道旅行においてポリシーとしてセルフサポートをし、マケドニアからの2回の献金を除い ては、どんなところからも経済的援助を受けなかった事を示しています。もしパウロが教会からの献金を受けていたなら、彼の非難は間違っている事になり、彼 のセルフサポートに関する議論は偽善的である事になります。

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • 聖書の語る神様は、天地の全てを造り、私たちに命を与え、人生を導き、そして命を取り去られる方です。その神様が、独り子であるイエス・キリストを私たち の救いのためにこの世に遣わして下さいました。イエス・キリストは「独り子なる神」です。キリスト教はイエス・キリストが始めた宗教ではありません。イエ スをキリスト(救い主)と信じる宗教です。キリストは「開祖」ではなく、信仰の対象である神なのです。天地の創造主でありキリストの父である神と、独り子 なる神キリストと、そして聖霊なる神の三者であり、同時に一人の神である「三位一体の神」を私たちは信じています。
  • Q. ハレルヤは、どういう意味ですか?

    A. ハレルヤは「神を賛美します!」という意味です。世界中のクリスチャンの共通語です。クリスチャンは、いろんな時に「ハレルヤ!」と告白して神を崇めます。
  • 子育てQ 性教育プログラムは全体として、十代の妊娠や性病を解決することが出来なかったことは明らかなようです。性感染症患者は、過去20年間に劇的な増加を見ました。では、10代の性行動を抑える特効薬はあるのでしょうか。

    A  ウィスコンシン大学マジソン校のスティーブン・スモール氏とミシガン州立大学のトム・ラスター氏が、「結婚と家庭ジャーナル」誌に発表した重要なレポー トがありますが、その中で二人は、早すぎる性行動を抑止するのに効果的なことは、親が関わることと、親の価値観が子どもに伝わることだ、という説得力ある 結論を出しました。

    直接的、かつ斬新なほどに賢い方法で、スモール氏とラスター氏は、親の責任という問題に注意を喚起しました。
    二人は言います。
    「親が、思春期の子どもの性行動について厳しく考えていないことは、男子女子双方にとって危険です。驚くべきことではありませんが、『親が婚前交渉を受け入れている』と考える子どもは、性的な体験をする確率が高いのです。」
    カエルの子はカエルという通りです。

    もうひとつの重要な調査があります。シャロン・ホワイト氏とリチャード・デブラッシー氏によるもので、「思春期」誌に掲載されました。
    それによれば、
    デートや異性との付き合いに関して極度に厳しすぎる親たちと、何の指導もしない親たちに比べて、合理的で適度なしつけをする親は、最も好ましい結果を見ることが出来ました。(厳しすぎる親は、二番目、何の指導もしなかった親の場合、結果は最悪でした)
    以 上の調査、また他の資料からこう言えます。子どもたちを婚前交渉の崖っぷちから守るのに一番効果があるのは、思春期の子どもを育てるための微妙なテクニッ クを、親が身につけることです。つまり、子どもの生活に関わり、自分の価値観と態度とを子どもに伝え、模範を示し、対話をし、子どもたちが誰とどこに行く かを注意深く見守り、適度な門限を守らせることです。

    同時に、できる限り子どもたちの自由を認めることも大切です。なぜなら、厳しすぎるしつけには、それなりの問題もあるからです。

    結局は、親が子どもに対して持っているこの種の影響力には、どんな性教育プログラムも、カリキュラムも、学校も、施設も、かなわないのです。
    ひ とつ付け加えるなら、ふた親で安定した家庭の子どもは、シングルペアレントの家庭や、より不安定な背景をもつ子どもよりも、「火遊び」をする危険性が低 く、また強いキリスト教信仰を持ち、教会活動に積極的に関わっている子どもたちは、全体として見れば、純潔を守り通す確率は高いのです。

    以上のことから、親が、強いキリスト教信仰を持ち、伴侶に忠実であることが、若者たちを性的に乱れた生活から守るのに、最も有効な安全弁であるという結論が導き出されます。


    FROM ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A

  • しつけQ. 私の友人の子どもたちのことですが、今まで見たこともないようなしつけの悪さで、そばにいられると話もできません。なんとかしつけの手助けをしたいのですが、どうしたら友人を傷つけずに良いアドバイスができるでしょうか。

    A.  誰かの行動や性格について傷や欠点を指摘するには、ヤマアラシが愛しあうようにすべきです。すなわち相手を傷つけないように、細心の注意を払うのです。 そうでないと、友人を失うことになります。まして、親としての間違いを指摘することは、さらに危険が伴います。全くの善意から、相手の子どものことを考え て注意したとしても、注意した方が反対にとばっちりを受けるのがおちです。
    ですから、いかに必要を感じたとしても、私は人様の子どもについて頼まれもしないアドバイスはしないようにしています。どうしても聞き心地のよくないことを相手に対して言わなければならないとしたら、まず彼女との友情を築くための時間をとる努力をすることを勧めます。
    注意深く信頼関係を築いたあとで初めて、あなたはやさしくアドバイスする権利を手にすることができます。このやり方に近道はありません。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A