テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 5

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロはどのくらい働いたか?

第一伝道旅行において、第1コリント9:6から、パウロとバルナバはキプロスからガラテヤへの道においてすでにセルフサポートをしていたように思われます。また、 パウロが現在時制を使っていることから、彼らのチームが別れてからもセルフサポートを続けていたことがわかります。

第二伝道旅行で、パウロはピリピに贈り 物を届に行きます。(第2コリント11,12章)彼の改宗者へのこれらの手紙によると、彼はテサロニケで働いていました。彼は「昼も夜も」働いていました。こ れは、朝早くと午後遅くのシフトということです。マケドニア地方では、今日でも同じような時間帯で仕事をしている人々がいます。労働者は朝まだ暗いうちに 仕事に行き、日中の暑い時間帯に3、4時間の休憩を取り、暗くなるまでもう一度働くのです。夕食は9時から深夜12時までの間に取ります。

使徒18章5節はよくパウロがテモテとシラスがお金を持ってピリピから帰って来るまでの間だけ働いていたというふうに解釈されます。しかしギリシャ語の聖書 には、彼がみことばを宣べ伝えるのに一生懸命だったとだけしか書かれていません。パウロが見つけたばかりのテントメーキングの仕事をすでに止めてしまった と解釈される事がしばしばあります。しかし聖書を調べてみると、同労者の到着後にも彼の活動は変わらなかったということが読み取れます。彼が自分の手で働 くことを止めたと信じる理由はどこにもないのです。彼は自分の手で働くこととミニストリーを融合させていたのです。

もしパウロが何日間、あるいは何週間で自分の仕事を止めてしまっていたとするなら、コリントでそのことは決して話題にはならなかったでしょう。しかしパウロ がエペソに行った後、ユダヤ教徒たちがコリントに来て、まさにこの話題についてパウロを非難しようとしたのです。彼らは、パウロがその手で働いたことは、 彼が本物の使徒でないので献金を受ける資格がないことを証明している、と言ったのです。

しかしもしパウロがコリントやほかの場所でほとんどの時間を働いて過ごしたのでないなら、彼に対する非難は根拠の無い物であり、彼の自分の仕事に対する熱心な弁護も意味の無い物になってしまいます。この食い違いのゆえに、私たちはコリントの新しい教会に対してかかれた彼の二つの手紙の中に、セルフサポート宣 教師の働きに関するパウロの価値ある見解を得ることができたのです。

第三伝道旅行で、エペソからパウロはこう書いています。「今にいたるまで、私たちは飢え、渇き、着るものもなく、虐待され、落ち着く場所もありません。また、 私たちは労苦して自分の手で働いています。」(第1コリント4:11,12)ユダヤ教徒たちはパウロはみすぼらしいものを着ているから彼は重要な人物ではな いといいました。パウロは上流階級の改宗者たちにとっていやな存在となったのでしょうか。

エペソの年長の改宗者たちに対してパウロが最後に残した言葉のなかに、彼はこう言っています。「私は、人の金銀や衣服をむさぼったことはありません。あなた がた自身が知っているとおり、この両手は、私の必要のためにも、私とともにいる人たちのためにも、働いてきました。このように労苦して弱い者を助けなけれ ばならないことを私は万事につけ、あなたがたに示してきたのです。」(使徒20:33-35)

パウロはよくない環境で育った背景を持つ「弱い」人たちが簡単に誘惑されて怠けた生活をして、クリスチャンたちの親切に甘えるようになるのを防ぐため、彼ら の証になるように、いえの教会の牧師たちに、パウロ自身がしたように、自分の必要のために働くように、そしてよい働きと証のモデルとなるようにと戒めまし た。(第1コリント6:10,11)パウロがイエス様の、受けるよりも与える方が幸いである」という言葉を引用したとき、牧師は貧しい人に与えるために働く べきであるといったのではありません。

施しは、無責任と依存を育てる結果になり、パウロはそれを直そうとしていました。それよりも、牧師がセルフサポートを続けるということは、不道徳で、偶像礼拝の、ものぐさな異邦人の住民への教会開拓の段階において、必要な犠牲多いモデリングだったのです。

ではどうやってパウロは彼の仕事と働きを融合させていたのでしょう。彼は職場での個人伝道に加えて、「家から家へ渡り歩いて」改宗者たちを教えていました。 つまり、彼は、多分夜には家の教会で教え、ツラノの講堂が使われていない12時から4時までの長い昼休みの間に、そこで教えていたのです。(F.F.ブ ルースはこの詳細についての古い資料を提唱しています。)

ルカは、ツラノの講堂でのパウロの聴衆たちは病気が癒されるのではないかと彼の仕事に使うエプロンや手ぬぐい(彼の額についた汗拭きタオル)を借りたと記録しています。 彼が仕事着のまま教えていた様子がみえてくるようです!昼休みに聞きに来ていた労働者たちはきっと同じ格好で聞いていたことでしょう。(使徒19:11,12)

エペソでの3年間の終わり頃に、パウロはユダヤ教徒たちの非難に答えるためにⅠコリントの手紙を書いています。そして彼はコリントに警告のために「悲しい立ち寄り」をし、そこで拒絶を受けました。彼はもう存在していない 「厳しい手紙」を書きました。そしてデメテリオの暴動で死ぬ寸前のところを逃れ、トロアス行くことができたのです。そして、テトスをそこで待たずに、そこでテトスと合流するためにピリピに進んでいきました。

テトスは良い知らせを持ってきました 。パウロは第2コリントで言っています。彼が三度目に訪れるときも前と同じように働くだろうと。(11:12-21)パウロが、彼の使徒としての立場が疑わ れているときにもテントメーキングを強調したということは、テントメーキングが彼の教会開拓の戦略において譲れない部分であったことを示唆しています。で も反対に見える証拠を見てみましょう。

スポンサーサイト:

良くある質問と答え

  • Q. 教会は楽しいところですか?

    A. もし世の中の楽しみのようなことを期待されるならば、場違いだと感じるかも知れません。教会には、年齢や性別、国籍を越えて、いろいろな方々が来られています。神による不思議な平安や暖かさが満ちていま すので、何回か来られるならば、この世の中には無い、素晴らしい喜びが神によって与えられることに気づくでしょう。その時には、教会に来ることが何よりも 楽しくなります。考えていないで、一度勇気を出して足を運んでください。
  • Q 妻として、博士のおっしゃる「男女の違いが」私たち夫婦にどれほど当てはまるか気になります。夫が私をどれほど必要としているかを、私自身が十分把握していないのでしょうか。

    A  恐らくそうだと思います。性的な欲求を除けば、男性が女性に自分の必要を告げることは大変まれです。男性自身が自分の行動形態を自分で分かっていないのか もしれません。簡単に言えば、夫が自信を持つためには、妻の助けが必要なのです。彼は自信がないように見えないもしれません。男は自分の不安をを隠すのが 上手なのです。一般的に夫は妻に「尊敬されている」ことを確認したいのです。それは、妻が夫に「愛されている」のを確かめたいのと同じようなことです。

    女性のこの重要な役割について、私の友人であるE.V.ヒル博士のよい実例があります。博士は、ロサンゼルスにあるバプテスト教会の黒人牧師です。ヒル博士 は数年前に奥さんを癌でなくしました。その葬儀で、良妻のジェーンにいかに助けられたかを彼は語ったのですが、私はたいへん心を動かされました。

    若 い頃、彼は牧師として生計を立てるのに苦労しました。彼は妻の反対を押し切り、なけなしのお金をはたいてガソリンスタンドの経営に乗り出したのです。夫に はこの事業を監督する時間も技量もないと彼女は感じていました。そして結果はその通りになりました。やがてスタンドは破産し、彼は無一文になりました。若 い牧師にとってこれは人生の危機でした。重要な企てに失敗したのですから、妻に「だから言ったでしょ」となじられても仕方がなかったのです。

    しかし、ジェーンは、夫の弱味を本能的に知っていました。それで、彼がスタンドはだめだったと電話で告げたとき、彼女の答は「いいのよ」の一言でした。

    彼 はその晩、帰宅する時、先見の明のない夫の投資に妻がふくれつらをしているだろうと覚悟していました。ところが、彼女は夫のそばに腰を降ろしてこう言った のです。「ねえ、私、計算してみたのよ。あなたは煙草も吸わない、お酒も飲まない、もし両方ともやっていたなら、今回なくしたお金はとっくになくなってい たはずよ。そう考えれば今回のことは差し引きゼロよ。忘れましょう。」妻の態度によっては、夫の自尊心は跡形もなく砕け散っていたかもしれません。特に失 敗と恥の日には、男性の自我は、驚く程もろいのです。ですから、先生は妻から「あなたを信じているわ。」という言葉を聞く必要がありました。そして彼女は 確かにそのメッセージを伝たのです。

    ガソリンスタンドの失敗から間もなくのことです。彼が帰宅すると家が暗いのです。玄関を入ると、妻がキャンド ル・ディナーを用意していました。「奥様、いったい今日は、何の日でしたかね。」と彼はおどけて見せました。「何となくムードを出してみたくて。」と ジェーンは答えました。夫もそれには大賛成で、洗面所へ手を洗いに入りました。電気をつけようとしましたが、つきません。寝室に入って別のスイッチに触り ましたが暗闇のままです。若い牧師は食堂に戻って、停電かと聞いたところ、妻は泣き出しました。「あなたは精一杯働いてくれているし、私もがんばったけど 先月の電気代は払えなかったのよ。キャンドル・ディナーにしたら、あなたに知られないでいられると思って・・・」今は亡き妻の言葉を語るヒル博士の声は震 えていました。

    「もし妻に『こんなめにあったのは生まれて初めてよ。電気を切られるなんて考えたこともなかったわ。』と言われていたら、私はすっ かり自信を失い、やる気をなくしていたでしょう。ところが、妻は、『電気はそのうちつくわ。今晩はキャンドルを楽しみましょうよ。』と言ってくれたので す。」ジェーン・ヒルさんは素晴らしい方です。

    彼女の多くの賜物や特質の中で、私が一番感心したのは、夫を励まし支える妻の役目をよく自覚してい たことです。現在E.V.ヒル博士は、影響力のある指導者です。彼が自信を得、それを保つために妻の助けが必要だったなどと誰が信じられるでしょうか。し かし、男とはそういうものなのです。われわれ男性は、特に若いうちは、自信がなくて悩むのです。私自身がそうでした。妻シャーリーのお陰で私は一人前にな れたのです。何度も繰り返し言ってきたことですが、自信に欠ける私を彼女が信じてくれ尊敬してくれたために、私は外で競いあい、努力し、冒険をすることが できました。

    私が何かを成し遂げたとするならその多くは、「私がついているからね」といってくれた妻の愛と献身との賜物です。あなたもご主人のために同じことができます。彼の必要を満たしてあげなさい。その効果は私が保証します。

    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • 結婚の相手Q ふさわしい結婚相手を見つけるための実際的なアドバイスをいただけませんか。正しい選択をしたいのですが、単にルックスや人柄だけで決めたいとは思いません。最終的な決断をする前に考えるべきポイントは何ですか。

    A  いくつかのポイントをあげてみましょう。
    私 が13歳の時、教会学校の先生が印象に残るアドバイスをくれました。「『この人でも』という程度の人ではなく『この人でなければ』という人を見つけなさ い。」このアドバイスは真実です。熱く燃えている二人の結婚生活にも困難はつきものです。愛という土台のない結婚生活は墓場です。
    あなたが我慢できないと思う性格を持った相手と結婚すべきではありません。
    結 婚してから相手を変えようと思うかもしれませんが、おそらく失敗するでしょう。性格や行動は人格の深いところに幼い時に刻まれたものであり、変えるのは至 難の技です。深く浸透したパターンを変えるには、堅固なダムを築き、運河を堀り、新しい方向に川を持って行かねばなりません。
    長い目で見て、その努力は報われないことが多いのです。ですから、お付き合いしている間に発見した嫌な性格は、一生の悩みの種となると思った方が良いのです。

    例えば毎日晩酌をする人が、結婚したからといって断酒することはないでしょう。例えば、お金の使い方が荒いとか、不衛生だとか、イライラすると乱暴を働くとか、極度にわがままであるとかいった傾向はみな赤信号です。今の傾向は、結婚後も続きます。

    もちろん欠点のない人はいません。欠点がない人しか結婚できないなどと言っているのではありません。要点は、彼(彼女)のおかしな行動を一生我慢できます かと聞いているのです。結婚とは一生のものですから。できないなら、式の後で相手を変えられるという見込みはしない方がよいでしょう。式の前は目をしっか り開き、終わったら半分閉じるといいのです。
    衝動的に結婚しない!
    深い思慮と祈りなしにこの決定的な決断をすることは人生を台なしにする早道です。人と人とが知り合い、絆を結び始めるには時間がかかります。
    お付き合いの時期は互いに自分を相手に知らせるよりも隠す傾向にあることを覚えておくとよいでしょう。相手を自分に引き付けるためには、良いところばかりを見せたがります。がっかりさせるようなことは秘密にします。
    だから多くの新婚さんは一年目に驚くのです。ですから、少なくとも一年はおいて仮面の下にある素顔に迫る努力をすべきです。
    あなたが真剣なクリスチャンであるなら、不信者と「つりあわないくびき」をおわないでください。
    い つか相手を主に導こうと思うでしょう。そうなることもあります。しかし、それに期待するのは良く言って危険、悪く言えばむこうみずです。言い替えると、こ のように自問してみてください。「夫(妻)が私と同じ信仰を持ってくれることは自分にとってどれほど重要なのか」と。もし、聖書が言っているように、これ は議論の余地のない問題であると思うならば、あなたの結婚のための最優先条件にすべきです。
    式前に同棲をしないこと。
    その理由はいくつもあります。
    第一に、それは不道徳で神の定めに反します。
    第 二に、同棲は二人の関係を壊し、しばしば離婚の元になります。過去50年間の調査データによれば、同棲経験のある夫婦は、同棲経験のない夫婦に比べて 50%離婚の確率が高くなります。同棲経験者はまた、結婚生活の満足度がより低く、不安定になります。その理由は、研究結果によると「同棲者たちは後に なって自分自身の道徳基準を破ったことを後悔し、早まったと思っても後戻りできないと感じた」のです。
    それ以上に、結婚の絆という主題にのっとって言えば、式の前の時点では不適当なレベルの性的接触を「盗み食い」したのであり、互いへの献身度も未確認状態のまま、既成事実だけが出来てしまったのです。
    こうして見ると、神の戒めに従うことは単に正しいだけではなく、誰にとっても最も安全な道であると言えます。
    未成年の結婚はリスクが大きいのです。
    17歳前に結婚する人たちの離婚率は、20代まで待った人達の2倍です。家庭を運営するには、自己犠牲、安定、自制心といった成熟さを必要とします。焦ることは禁物です。
    最 後に、変わらない愛情の秘訣を教えましょう。一言で言って安定した結婚生活には、最後までやりとげようという鉄の意志力が必要なのです。結婚という道を選 ぶなら、生涯の伴侶とする決意で臨みなさい。どんなに腹が立っても、別れるという脅迫をしてはいけません。離婚の可能性さえ考えてはなりません。
    最後まで愛を貫く決意をした者にとっては途中棄権はありえないのです。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから
  • 家族Q 老齢化に伴う肉体的な変化について教えていただけますか。

    A 全ての器官が同じレベル、また、同じ早さで衰える訳ではありません。老化には決まった順序があります。通常、すなわち病気がなにも無い時、老化のきざしは以下の順序で現れます。

    ま ず衰えるのは、まず人と外界をつなぐ感覚器官です。目の水晶体が収縮して焦点を合わせることができなくなるため、景色にも本にも焦点の合う遠近両用眼鏡を かける必要が出てきます。白内障になるとさらに視覚が衰える場合があります。三半規管が衰えると音の伝導がにぶり、若い頃のようには耳が聞こえなくなりま す。まず高い音が聞こえにくくなり、次第に低い部分に移ります。口と舌の味覚が衰えると、食物の味が落ちます。食べる楽しみがなくなります。嗅覚が落ちる ことも、味覚の変化の一因です。食事の喜びの多くは、快い香りによるからです。肌が荒れ固くなると、触覚が弱ります。このように五感がすべて弱くなり、情 報を捕えて脳に送る能力は減少します。

    次に運動機能、すなわち体を動かす力の変化です。まず指が動かなくなり、次に手の機敏さが衰え、手首、ひじ、そして肩に来ます。機能の衰えは外部から体の内側へと進みます。それで、老人の震える文字は年を表わすのです。

    そ れから循環機能に変化が訪れます。心臓内部と周囲についた脂肪のために、同じことをするにもより労力がいります。運動のあと、通常の脈拍に戻るまでにより 時間がかかります。動脈がしだいに硬化することも、心臓の負担の元です。コレステロールが動脈に溜まり血流を圧縮するので、心臓発作、脳卒中、その他の心 臓血管系の病気に結び付きます。加えて、自律神経系統が体を規則正しく機能させなくなり、血行の悪さなどの問題を起こします。生殖能力も、女性では45才 程度で、男性の場合は50才か60才で無くなります。生命を生み出すという尊い働きも終ります。

    要約すると、老化の過程に起きる重大変化は以下の通りです。第一に感覚器官が衰え、次に運動機能が衰えます。すなわち体を動かす能力です。さらに高齢になると精神的な機敏さが衰えるでしょう。


    From ドクター ジェームス・ドブソンのQ&A