テントメーカー(tentmakers)

なぜパウロは天幕を作ったのか?Part 4

投稿者: Administrator on . Posted in テントメーカー Tentmaker

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効
 

パウロは経済的必要を満たすどんな選択権を持っていたのでしょうか?

彼は3つをあげています。1)多くの巡回哲学者達がしていた様に、彼は聴衆や改宗者たちからお金をいただくことができました。彼はこの選択を完全に拒否しま した。2)彼は友達やすでにある教会から献金をいただくことが出来ました。3)彼は自分の稼ぎでセルフサポートすることが出来ました。

第1コリント9章に、クリスチャンの働き人に対する送り手の献金の贈り物に関して強い議論を述べています。彼はペテロとその妻が長年にわたって教会のサポートを受けてきたことに関して賛成しています。

もっと昔に、イエス様はペテロに、その漁師の仕事を永遠に止めて、ただ彼の民を通して必要を満たしてくださる神に信頼を置く様にお召しになりました。(ルカ 5:1-11)イエス様が復活されて後、ペテロは彼の船に帰りました。イエス様は岸辺で彼とお会いになり、彼が人間だけを釣る漁師となる献身を新たにして くれる様にお願いされました。彼は3度も約束しなければなりませんでした。(ヨハネ21)何年も過ぎて後も彼はその献身に忠実に従っていました。彼は神の 民から経済的サポートをまだ受けていました。

第1コリント9章において、パウロは形成された教会や、彼の開拓した新しい教会からサポートを受ける使徒職としての権利について述べています。しかし同じ章で彼は三度も (12.15.18節)彼が1度もこの権利を用いたことが無いと述べているのです!三度もです!この手紙は彼の第三伝道旅行の最後に近いエペソから書かれ た物ですから、彼の三度の伝道旅行のすべて、そしてそれより以前の働きも含まれていると考えられます。

どうして彼は受け取ることが出来たのに教会からのサポートを拒否したのでしょうか。彼はそれを良いと認めていたのです。また職務上の問題も第一の理由ではありませんでした。ペテロは献金を受け取っていたのですから。

明らかに、パウロが働いた理由は経済的理由以上の理由からでした。2度も彼はこう言っています。彼は、福音の妨げとならないように働いているのだと。他の使 徒達はユダヤ人の間で働いていましたが、パウロは異邦人の中で働きました。もし彼がいたるところにいる公的な演説家として見られていたら、彼のメッセージ は疑いの的となったことでしょう。彼らはより多くの利益を得るために会衆を喜ばすような演説をしたり、続いて裕福な後援者からのひいきを得るために彼らの 気に入る説教をしたりしていました。

パウロは経済的に独立を保つことによって自分のメッセージの信用性を得ていたのです。彼は教会のどんな機関からも、またどんな裕福な後援者からも謝恩を受けていませんでした。

しかし二つの文章はこの結論に反対するように見えます。パウロはいくらかの献金を受け取っていました。ですから私たちは3つの質問をしてみる必要がありま す。1)どれくらいパウロは働いたのか?2)どのくらいの献金を彼は受けていたのか?3)いったいなぜ彼は働くことを強調したのか?

スポンサーサイト:

有限会社アムス
新しい経営の方法を創造し、ITと語学のサービスを提供する有限会社アムス

良くある質問と答え

  • Q 男性が女性を必要とする以上に女性が男性を必要とするものでしょうか。一人暮らしが上手なのはどちらでしょう。

    A 傑出した社会評論家ジョージ・ギルダー氏が、「男性と結婚」という古典的な著書で、この大変興味深い問題を扱っています。
    ギ ルダー氏は、男女がお互いのために作られており、一人では不完全であることを認めます。しかし、また男性よりは女性の方が一人暮らしに長けていると結論づ けます。ギルダー氏の評価は、一番社会的に問題をかかえているのは未婚男性だと言います。未婚男性の方が、未婚女性よりもはるかにアルコール依存、薬物中 毒、前科者また脱落者になる確率が高く、賃貸住宅は借りにくく、保険会社は契約を結ぼうとせず、ローンも組みにくいのです。また、運転は荒っぽく、カッと なりやすく、衝動的です。もちろん、このパターンには例外も数限りなくありますが、未婚男性は多くの反社会的行動をとる恐れが大きいのです。また独身女性 と比べて、転職率はより高いのです。
    しかし、男性が結婚して子供を得ると彼の社会的な弱点は消えます。責任ある生活をし、勤勉に働き、将来の備えを始めます。自分の官能的欲望に負けないで、自制し、扶養家族のために犠牲を払います。
    こ の変化を昔から「放蕩三昧した」あとに「身を固める」と表現しました。もちろん私はあくまで一般的な言い方をしている訳ですが、この傾向は社会学の調査の 裏付けがあります。ですから女性には、歯止めがなく社会の脅威になりかねない夫の性的エネルギーに歯止めをかけて、家族を守り養う努力に変える力があるの です。
    この変化は、文化の繁栄のために決定的に重要です。結婚生活が崩壊したら社会は成り立たないというギルダー氏の言い分に、私も同意します。 家庭なしには女性は育児のための基盤がありません。不倫、中絶、結婚外妊娠は増え、子どもは苦しみ、薬物アルコール中毒は蔓延し、真っ当なビジネスは伸び ず、平和を好む市民が暴力と不法に取り囲まれることになります。確かに女性は男性を必要とします。しかし、それ以上に男性は女性なしにやってはいけないの です。


    ドクター ジェームス・ドブソンのQ&Aから

  • Q. 教会には、なぜ十字架があるの?

    A. ローマ時代、十字架刑というのは、もっとも恐 ろしい犯罪者への刑罰の方法でした。イエス・キリストは何の罪も犯されませんでしたが、約2000年前に 2人の強盗と一緒に十字架につけられました。それは、「私たちの罪の身代わり」であった、と聖書は語っています。十字架上でイエス・キリストが流された血 潮によって、私たちの罪はゆるされ、聖なる神の前で「義」とされるのです。
    そのことをいつも心に覚えて忘れないために、多くの教会には十字架がシンボルとして付けられていますが、十字架に手を合わせて拝んだりするためではありません。
  • Q. プロテスタントとカトリックは、どう違うのですか?キリスト教の 派閥ですか。一致することはないのですか。

    A. 宗教改革以後、教会はローマカトリック教会と、ルター派、及び無数のプロテスタント諸教派とに分裂し、それぞれの伝統を形成し今日にまで至っていま す。(もう少し正確な説明が必要ですが、今日は省略しておきます。)いかに真理のためとは言え、本来一つであるはずのキリストの体なる教会が事実上、分断 されているのは、決して本来的ではなく、教会は一つのものであると信じられるべきです。このような中で、20世紀からエキュメニカル(教会一致)運動が起 こり始め、教派の壁を超えた対話や協力関係の模索が続けられています。また1999年にはカトリック教会とルター派との間で「義認の教理に関する共同宣 言」が交わされ、大きな前進を見せています。

  • 「人間は皆罪人(つみびと)だ」と聖書は語ります。その罪とは、法律を犯す「犯罪」という意味ではないし、倫理的な「不道徳」ということでもありません。 聖書の言う罪は神様との関係においてのみ成り立つことです。神様に造られ、生かされている人間が、その神様を見上げることなく、神様の思いを無視して、自 分が主人となって歩んでいる、そのことが罪なのです。聖書における「罪」という言葉は「的外れ」という意味でもあります。神様を見失った人間は、的外れな 生き方をしてしまっているのです。その根本的な罪から、人間どうしの関係もうまくいかなくなり、「不道徳」も、そして「犯罪」と見なされる罪も生まれてく るのです。